交通事故について円グラフを活用して注意喚起をしよう

交通事故による怪我や死亡は昔から大きな問題となっています。

自分は大丈夫だと思って起こした行動が結果的に交通事故を引き起こすことになってしまっていることが多いので、安全に対してしっかりとした認識を持っていることが重要です。

交通事故についての統計を使って注意喚起するときには円グラフを活用してみましょう。

統計を視覚化するのに役立つ円グラフ

統計データを使ってどんな傾向があるかを一目でわかるようにするには視覚化するのが大切です。数字が並べられていても直感的には理解しにくいでしょう。本当に内容を細かく吟味したいときには数字が明確になっていることが必要ですが、直感的に統計データの意味するところを理解する上では視覚化されていた方が便利です。

どんな形で視覚化するのが良いかで悩んだら、最も簡便なのがグラフでしょう。棒グラフや折れ線グラフなど様々なものがあります。三次元的に描いて一つのグラフで多様な情報を盛り込むこともできます。統計を視覚化して内容を訴えかけられるようにするにはグラフの種類を検討することも肝心です。

その中でも円グラフは直感に訴えかける力が大きいため、注意喚起をするときにポスターなどに記載するのに優れているでしょう。ただし、円グラフはどのような統計データもわかりやすく伝えられるというわけではありません。

得意なのは割合がどの程度かを一目でわかるようにすることです。ある現象について半分はこのような状況にあり、3割程度は別の状況にあり、残りはまた別の状況にあるといった状況が簡単にわかるグラフになります。比率を理解して欲しいときには円グラフを使うのが効果的だと理解しておくと良いでしょう。

プレゼンテーションをするときには円グラフを多用すると直感に訴えかけられるので効果が上がります。

交通事故の統計は円グラフで伝えよう

交通事故の統計では円グラフを多用するのが効果的です。交通事故に関する統計データを世の中に示すときには注意喚起を意図していることが多いからです。このような状況で交通事故が多発しているということを理解してもらい、どんなときに特に注意していなければならないかを正しく認識してもらえれば交通事故を減らせるでしょう。

警察署や地方公共団体を中心として住民への呼びかけが行われていますが、その際にも統計データを示すことが多々あります。運転免許を取得したときや更新をする際に受ける講習のときにも統計データを使ってどのような交通事故のリスクが多くなっているのかを説明してくれることが多いでしょう。

そのようなときに示されたデータを思い返してみると円グラフがよく用いられていたのを思い出せるかもしれません。一目でどんな状況で事故を起こしている人が多いかがわかりやすいため、短時間の講習でも効率よく問題点を理解してもらえるのが円グラフを使うメリットです。

交通事故に関する資料作りやポスター作りなどを任された時には積極的に円グラフを活用してみましょう。その具体例を通して意義の大きさを考えておくと広く活用できるようになります。

交通事故が発生しているのがどんなときかグラフ化してみよう

交通事故がどのようなときに発生しているのかについて注意喚起するのは事故を防ぐ上で重要でしょう。毎年国によって行われている統計では、交通事故がどんな状況で起こっているかについての情報を集めています。自動車乗車中、二輪車乗車中、自転車乗車中、歩行中、その他に分類された統計が古くから行われていますが、その事故における死亡者数を数で示されてもあまりピンとこないかもしれません。

どの程度の比率で発生していて、どんな状況で交通事故が起こりやすいかを示すには円グラフが最もわかりやすいでしょう。

発生状況を円グラフにしてみると自動車乗車中が圧倒的に多いことがわかります。

例年、ほとんど大きな変化はなく、やはり凶器になる自動車に乗っているときが交通事故の発生につながることが多いのです。これを円グラフで視覚的に示すと、自動車のドライバーに効果的に危険だという認識を持たせることができるでしょう。

一方、交通事故があったときにどの状況だと死亡しやすいかについても統計が行われています。これを円グラフ化するとよくわかるのが、発生率は自動車乗車中ほど高くないにもかかわらず、死亡に至ってしまいやすいのは歩行中なのです。

自動車乗車中よりもやや多い状況がずっと続いています。歩行者も交通事故に十分に気をつけなければならないという認識を持ってもらうためには、このような統計データを円グラフ化して示すのが良いでしょう。

交通事故の発生原因を見せてみよう

交通事故が発生した原因が何なのかを認識してもらうことは事故防止の上で欠かせないことです。交通事故を起こしたときには何が原因だったかの調査が必ず行われています。最も多いのは安全不確認だったというのが例年のことで、およそ3割程度を占めています。

次に多いのが脇見運転で、それ以下になると様々な項目があり、あまり変わらない比率で並んでいるのが例年の傾向です。安全不確認、脇見運転の他にもよく漫然運転なども上位に入りますが、これらをまとめて考えるとどれもが安全に運転しなければならないという意識が欠けているものという点で共通しているでしょう。

一時不停止や信号無視などに比べてもドライバーの意識の有無が大きく影響している項目だとわかります。この点を正しく認識してもらうためにも円グラフが効果的です。項目ごとに色分けするだけでなく、さらにドライバーの安全に対する意識不足が顕著に原因となっている部分をひとまとめにして視覚化すると過半数を超えているというデータを示せるでしょう。

半分以上になると多いという認識をほとんどの人が持ってくれるようになります。このように統計データをうまく使いこなすと注意喚起をする力も高まるのです。

交通事故で営業補償を受けるための基礎知識

シートベルト着用の効果も視覚化してみよう

交通事故と関連してよくシートベルトを着用する意義が議論されます。本当に意味があるということを理解してもらうためには統計データを示して説明するのが効果的でしょう。統計データとして死亡者がどれだけシートベルトを着用していたかというものがあります、実は半数以上は着用していたというデータがあり、円グラフ化しても注意喚起にならないと感じるかもしれません。

しかし、どこに座っていたかも調べると後部座席では着用していないで死亡した人が多いことがわかり、この円グラフを使うとシートベルトの必要性を示すことが可能です。うまく統計データを使いつつ、円グラフの効果を有効活用する例として覚えておくと良いでしょう。